タクシードライバーをやってみたいという人のために、タクドラ経験者の話をまとめました。

main

タクシー運転手は誰でもチャレンジできる上に頑張った分だけ報われる仕事であり、自分の考えによって工夫することで給与アップが可能です。

タクシー運転手といえば、世間からはあまり良く思われないことも多々ありますが、それでも実際に働く側にとっては色々な点で魅力的な仕事です。

私自身、タクシードライバーとして日々働いている中で、時には嫌な気分になるケースもあるものの、長期的に働けています。

さて、具体的なタクシー運転手の仕事の魅力ですが、やはり間口の広さと自分の裁量で自由に動けることの2点が大きいです。

この業界に関わっていない方であっても、タクシー運転手ならすぐに正社員で雇ってもらえるという認識が大部分で、そのイメージはおおよそ当たっています。

もちろん、タクシー乗務ができるだけの資格と長時間の運転ができることが前提となりますが、すでに普通自動車免許を持っていれば、基本的に入社後に会社の費用で二種免許を取得させてもらえるので、あまり心配する必要はありません。

様々な媒体で出されている求人広告のキャッチコピーから分かるように、原則的に正社員として雇われるので、社員寮への入居によって住居についてもすぐに確保できます。

間口の広さとしては、タクシー運転手の求人は学歴と職歴が問われにくいことが大きな特徴です。

普通の正社員の求人では、圧迫面接としてわざと意地が悪い質問をしてくる会社も少なくありませんが、基本的にタクシー会社では淡々と面接を進めます。

しかしながら、さすがに社会人として不適切な対応は減点されてしまうので、提出する履歴書はなるべく綺麗な字で全ての項目を埋めておく、面接ではクリーニング済みのスーツを着てハキハキと答えることがポイントです。

転職やまだ正社員の職歴がない方については、今後の勤務態度にも大きく関わってくる部分ゆえ、ほぼ必ずその理由を聞かれますが、自分で稼げるタクシー運転手をやりたいからなどの前向きな内容で答えておけば問題ありません。

ここでの注意点は、たとえ事実であっても前の会社を悪く言わないことでして、あくまで自分の意思で辞めたこと、自分自身の希望であることを強調しなければいけません。

なぜなら、面接官からは、前の会社を貶す人間はどうせウチの会社でも同じことを言いだすと見なされるからです。

その他には、タクシー運転手としての乗務に耐えられるだけの健康と体力があるのかどうかと、これまでの交通事故と違反歴の有無がしっかりチェックされます。

タクシーの運転席に座って仕事をするとはいえ、さすがに運転に支障をきたす持病があると不採用になってしまう場合もあるので、普段から気をつけましょう。

交通事故と違反歴については、営業に必要不可欠な二種免許の停止などにつながってしまうので、タクシー会社にとっては一番気になるところです。

逆に言えば、頑張って働いても報われない会社に勤めているのならば、完全に心身を壊してしまう前にタクシー運転手に転職した方が良いという結論にもなります。

なぜタクシー運転手は正社員の求人なのに、学歴と職歴が不問で、比較的採用されやすいのかというと、それは自分の売上に給与の金額が連動しているからです。

街を歩いていると、いたるところでタクシーが停車していますが、彼らは自分の裁量で営業をしており、上司はいるものの、通常のサラリーマンからは信じられないほどの自由があります。

この自由度の高さは、そのまま採用率の高さを意味しており、要するにタクシー会社にとっては、そのタクシー運転手が稼いだ分の一部を還元すれば良いので、ガンガン採用できるという寸法です。

ともあれ、安定した正社員として自分の腕一本で稼げるチャンスをもらうためには、日本ではタクシー運転手が最も有望な選択肢となっています。

仕事の内容は、お客様を目的地までお届けするという、とてもシンプルな内容だから、慣れれば自分のアイディア次第でいくらでも給与を増やせるのです。